« 米朝首脳会談で、トランプ大統領と金正恩委員長は、合意文書に署名 | トップページ | 中期の景気サイクル「終わりの始まり」 »

2018年6月13日 (水)

トランプ大統領、北朝鮮ディールまとめ、帰国

こんにちは。児島です。
アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮との合意に署名し、エアフォース・ワンで、シンガポールから帰国しました。
北朝鮮が、早期の非核化に同意するかどうか、当日の朝まで、慎重な姿勢でした。
今回のように、直接、北朝鮮の金正恩委員長に会うということは、トランプ大統領でないと、できなかったことでしょう。


トランプ大統領は、非核化のスピードを懸念していた

トランプ大統領は、北朝鮮の非核化のスピードを、首脳会談の当日の朝まで、懸念していたようです。
非核化のスピードが遅いと、その間に、北朝鮮が、「果実」だけ受け取って、約束を反故にする可能性が、あるためです。
トランプ大統領が、当日の朝、会談場所の「カペラ」ホテルに入る際に、ずっと慎重な顔つきだったのは、果たして、金正恩委員長が、非核化のスピードについて、同意するのか、それとも、従来の北朝鮮のように、時間稼ぎだけをするのか、見極めが必要だと、思っていたのでしょう。


ポンペオ国務長官も、前日、シンガポールで念押し

今回のアメリカと北朝鮮の合意には、トランプ政権のポンペオ国務長官が、精力的にかかわっています。
当日の拡大首脳会合でも、トランプ大統領の、すぐ左に座り、今回の、重要なプレーヤーであることを、印象付けていました。
この、アメリカ側で合意をまとめた、ポンペオ国務長官も、首脳会談の前日の、6月11日に、シンガポールのマリオットホテルで記者会見し、非核化の懸念について、ストレートに表明、念押ししていました。
つまり、前日に、アメリカの立場を、はっきり、北朝鮮側に伝えたわけです。
聯合ニュースによりますと、ポンペオ国務長官は、記者会見で、「完全かつ検証可能で、不可逆な非核化」「前例のない、体制保証」を、ともに示しています。
これは、スピード感のある、非核化の作業と検証を進め、本当に、非核化が確認されれば、金正恩委員長の体制は、前例のない形で保証する、こういう意味ですね。
これを、前日の段階で、念押ししていた、ということです。
逆にみますと、前日の段階でも、果たして、北朝鮮側が、どう対応するのか、不確定要素があった、ということです。


午後のトランプ大統領は、いつも通りに

そして、午前中に、「カペラ」ホテルで、トランプ大統領と、金正恩委員長の会談が行われました。
その後の、トランプ大統領は、いつもの表情の、トランプ大統領に、戻っていました。
午前中の首脳会談で、北朝鮮側が、スピード感のある、不可逆的な非核化に対応することが、確認されたのでしょう。
双方が、合意文書に署名したのは、ニュース映像で、流れたとおりです。


アメリカのメリット、北朝鮮のメリット

今回の合意で、アメリカ側のメリットは、トランプ大統領も語っているように、朝鮮半島での軍事的な負担を軽減できる点です。
トランプ大統領は、G7で、立場を示したように、アメリカ国民の生活向上を、第一目標にしているためです。
朝鮮半島の軍事費を、アメリカ国内の政策にあてたり、海外の他の地域への、機動的な展開にまわすことができます。
ずっと、張り付けていたものを、はずし、動きやすくできる、ということです。
この背景には、アメリカが、既に、巨大な産油国へと変貌しており、従来の「張り付け型」の軍事力の展開から、自由度が増している点があります。

(続き)まぐまぐ!無料メルマガ

« 米朝首脳会談で、トランプ大統領と金正恩委員長は、合意文書に署名 | トップページ | 中期の景気サイクル「終わりの始まり」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88747/73674386

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ大統領、北朝鮮ディールまとめ、帰国:

« 米朝首脳会談で、トランプ大統領と金正恩委員長は、合意文書に署名 | トップページ | 中期の景気サイクル「終わりの始まり」 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ