« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月25日 (月)

きょうのトレード ー1.3PIPSでした。

きょうのGBP・USDスキャルは、-1.3PIPS。

オセアニア市場で、意外とGBPが買われないので、

先週からポジション過剰で重いのかと思い、

午前7時15分ごろに、SELLしてみましたが、

上昇を開始し、-14.8PIPSの損切り。

しかし、直後から、1.6240付近をピークに

下げ始めたので、売り直し、+13.5PIPS。

差引き、-1.3PIPSでした。

イラン核問題の合意で、EURやGBPが

大きく上昇して始まるかと思いましたが、

それほどでもなく、ドル安なのか、ドル高

なのか、方向感がはっきりしない午前中

でした。中国の要因(リスク=ドル高)と、

イランの要因(リスク緩和=ドル安)が、

綱引きしているようです。

ドル円は、午前中は素直に円安反応を

示しています。

2013年11月24日 (日)

イラン核協議で合意 トレードは-7.2PIPS

焦点となっていた、イランの核協議が合意です。

金曜終値(土曜日あさ)に、ユーロやポンドが

上昇したまま下がらず、トレードは、-7.2

PIPSでした。

取引終了までの2時間、上昇するばかり

でしたので、損失となったのですが、やはり、

イランの核協議の合意、という話があったの

ですね。

イランの核協議の合意で、リスク緩和の

ドル安反応がでていたということです。

2013年11月22日 (金)

きょうのトレード+5.1PIPSでした。

GBP/USDスキャル、けさは、+5.1PIPSです。

昨日からの急上昇が続き、いったん小康状態に

見えたチャートでしたが、午前6時すぎから、

猛烈な上昇。一気に30PIPS上げていました。

私は、上げた後にショートし、+5.1PIPS。

6:22、1.6192 SELL、8時半過ぎ利確です。

いつもながら、いったん上に持っていかれて、

保有時間は2時間になりました。

1.6200付近で、かなりの時間いましたので、

あまり安心できる感じのトレードでは、ありません。

2013年11月21日 (木)

きょうのトレード+5PIPSでした。

けさのGBP/USDスキャル、+5PIPSでした。

GBP・USDは、昨夜の大幅下落で、SELL

しやすい状況でした。

午前5時15分ごろに、1.6106SELL。

5時半ごろに、+5PIPSで利確しました。

ユーロやポンド、豪ドルなどは、

大きな下落となっています。

ユーロ、豪ドルなど急落、ダウも下落

為替市場では、ユーロや豪ドル、NZドルなどが、

大幅下落。

ユーロ円は、午前5時58分現在、1ユーロ=

134円27銭前後と、前日の高値135円95銭

から約1円70銭の急落。

また、豪ドルやNZドルも急落し、リスクモードと

なっています。

株式市場では、NYダウが、午前6時現在、

15900ドルと、66ドルの下落。

市場の雰囲気が急変してきました。

2013年11月20日 (水)

きょうのトレード+2.8PIPSでした。

きょうのGBP/USDスキャルは、+2.8PIPS。

午前5時50分ごろに、1.6126SELL。

上値が、さらに出てくる可能性があったことから、

6時過ぎに、すぐ利益確定しました。

.

きょうは、また、バーナンキ議長の講演に

あわせて、「仕掛け」が行われていましたね。

私は、その時間は、見ていなかったのですが、

午前8時すぎに、欧州通貨が暴騰(ドル安)

していましたね。

バーナンキ議長の、金融緩和継続の発言に

反応したものですが、また、いつものごとく、

仕掛け売買のようです。

欧米筋は、このようなトレードを仕掛けて

きますから、注意しましょう。

イラン大使館前爆破、外交官含む23人死亡

レバノンの首都、ベイルートのイラン大使館前

爆破事件で、ブルームバーグは、外交官を

含む23人が死亡、と伝えています。

犠牲者の中に、外交官も含まれていたようです。

この事件は、大きな影響を与えそうです。

.

けさの関連ブログ記事↓

→イラン大使館前で爆発、約20人死亡 (5時12分)

→アルカイダ系が犯行声明(9時54分)

イラン大使館付近爆破、アルカイダ系が犯行声明

レバノンの首都ベイルートの、イラン大使館前で

発生した爆破事件で、ロイター通信によりますと、

アルカイダ系グループが、犯行声明。

イランが、シリアから手を引くよう、主張とのこと。

欧州系のメディア(欧州本国)が、各社トップで

事件を伝えています。

あさ5時台に、事件の発生だけ、記事を書き

ましたが、やはり、シリアがらみ、ですね。

→ベイルートのイラン大使館前で爆発

イラン=アサド政権

サウジアラビア=反政府側=アルカイダ系

このような図式です。

オバマ大統領が、シリアのアサド政権への

武力攻撃を取りやめた背景には、複雑な

背景があります。

つまり、アルカイダ系を「支援する」ことに

なるためです。

この事件は、かなり中東情勢に大きな影響

を与えそうです。

ベイルートのイラン大使館前で爆発、約20人死亡

BBCなどによりますと、レバノンの首都ベイルートの

イラン大使館前で2つの爆弾が爆発、約20人が死亡。

シリアの内戦は、実質イランとサウジアラビアの代理

戦争となっていて、イランはアサド政権を支援、

サウジは、反政府側を支援しています。

今回の爆発と、シリア内戦の関係は、不明ですが、

イランがターゲットになっていることで、関連がある

可能性もあります。

(午前5時12分)

2013年11月19日 (火)

きょうのトレード ー13.2PIPSでした。

きょうのGBP・USDスキャルは、-13.2PIPS。

きのう夜から、直近は下げているものの、

三角持合いを上に抜ける、難しいパターンでした。

5時45分に、1.6106SELL。

いったん下げたものの、スプレッドが拡大しており、

そのまま上昇となりました。

きのうの日中の上昇が、スラスト状になっていて、

反転上昇しやすい形。

スラストの影響が強く、三角持合いをブレイクした

ラインへの戻りが、なかなか、ありませんでした。

(9時半過ぎクローズ)

三角持合いで、負けることが多いので、注意している

のですが、東京時間が始まると、上に持っていかれ

やすいですね。

2013年11月18日 (月)

きょうのトレード+4PIPSでした。

きょうは、月曜日の窓開けトレード。

USD・JPYを、午前7時にSELL。

約定したと思ったら、取引単位が

いつもより小さく、もう1回SELL。

100.28→100.226(7時06分決済)

100.259→100.226(7時06分決済)

.

+5.4と、+3.3なのですが、

あとの方が、取引単位が大きいので、

合計すると+4PIPSでした。

.

けさは、久しぶりに平穏な月曜日の朝

ですね。

このところは、月曜日の朝から、いきなり、

レートが飛んでいる、というパターンが、

多かったです。

ロシアで航空機墜落、50人死亡

BBCやEURONEWSによりますと、ロシア国内で

B737型機が墜落し、乗員乗客約50人が死亡。

(午前6時17分)

2013年11月15日 (金)

きょうのトレード+3.9PIPSでした。

GBP・USDスキャル、けさは+3.9PIPSでした。

きのうは、イエレン氏の議会証言テキスト配布で、

急なドル安・ポンド高に巻き込まれましたが、

こういう翌日は、臆せず、しっかりSELLすることが

大切です。

午前6時17分に1.6065SELL。

7時36分に1.6061で利確。+3.9PIPSでした。

.

これから、午前中の中盤以降は、わかりませんが、

序盤は、昨日の買いポジションの蓄積が多く、

予想外に上値が重い感じでした。

.

このところ、取引時間(東京・ロンドン・NY)によって、

まったく方向が違ったりしますから、要注意です。

2013年11月14日 (木)

イエレン氏、議会証言資料配布で乱高下

けさの為替市場は、次期FRB議長のイエレン氏の

議会証言資料が配布されたとして、午前6時半すぎ、

大幅なドル安に。

為替市場は、乱高下しました。

.

議会証言が、金融緩和の長期化を思わせる内容

とか、ですが、実際のところは、あまり内容は、

関係ないのでしょう。

バーナンキ議長の講演が、日本時間きょう午前9時

から行われていますが、このようなFRBのイベント

にあわせて、仕掛け的な売買を行っている

欧米の大口投資家がいるということです。

.

昨日のEURやGBPの上昇も、けさの資料配布に

あわせたものかもしれませんね。

きょうのトレード ー2.8PIPSでした。

けさのGBP/USDスキャル、-2.8PIPSでした。

(一部、EUR/USDあり)

.

早朝の2つのポジションのうち、片方が、

引っかかりました。

午前6時半過ぎに、イエレン次期FRB議長の、

議会証言資料が配布され、ハト派的な内容

(緩和の長期継続)だとして、仕掛け的な

大幅なドル売り。

EURやGBP、JPYが、対ドルで大きく動きました。

(そんなの、聞いてないよ!という感じですね。)

.

欧州通貨は、あさ6時半から、雇用統計でも

やっているの?というような、動きでした。

ポジションは、+5.1、-20.5、+9.5、

+3.1の4回です。

.

戻り売りで、取り戻しましたが、すべてカバー

とまでは、いかず、午前9時からバーナンキ議長

の講演があるので、8時半ごろに取引を終了

しました。

為替市場では、このところ、不規則な動きが

起きていて、昨夜は、ユーロが上下に大きく

動いています。

2013年11月13日 (水)

きょうのトレード+4.6PIPSでした。

GBP・USDスキャル、きょうは、+4.6PIPS。

+5PIPSと、-0.4PIPSの2つです。

けさは、スラスト状態の急落からの、反転という、

難しいパターンでした。

午前5時半過ぎと、6時前にSELLしました。

.

このパターンは、SELLのポジションを、どの位置

にするかが、難しいです。

早く売りすぎると、反転上昇に巻き込まれますし、

遅いと、あっという間に、下落してしまう場合も

あります。

だいたい、20PIPSから30PIPSの反転が、

多いようです。

.

このスラスト状態のあとは、上昇と下落が

交互にあり、動きが早いことが多いです。

2013年11月12日 (火)

きょうのトレード+4.8PIPSでした。

きょうのGBP/USDスキャルは、+4.8PIPS。

けさの相場は、荒れていました。

突然スプレッドが拡大したり、乱高下したりしました。

.

午前5時ごろに、1.5986SELL、もうひとつ、

25分後に、1.5988SELLしました。

けさは、午前6時に高値を更新(93まで上昇)

するなど、変な相場つきでした。

ポジションの保有も、時間が長くなり、

7時50分ごろに、利確しました。

+5PIPSと、-0.2PIPSです。

.

利確も、変わった状況で、片方のポジが

リミットに到達したのが、一瞬の間。

もう一方は、取り残されたため、

-0.2PIPSで手動決済です。

1.600超えを狙った、仕掛けが入った

のかもしれません。

.

先週土曜日の、あさも、午前6時ごろに

急上昇。バーナンキ議長の講演が

開かれているときでした。

.

バーナンキ議長の講演時は、要注意です。

あまり、たいした話でなくても、それを使って、

仕掛け的な売買を行ってくることがあります。

講演を聞いている人間でないと、実際、何を

どう話したのかは、わからないですからね。

動かしてきたら、何か発言したのか?と、

みんな思ってしまうわけです。

.

日本時間の11月14日(木)午前9時にも、

バーナンキ議長の講演が予定されています。

.

※きのうのトレードは、見送りです。

2013年11月11日 (月)

週明けのオセアニア市場、ややドル高スタート

11月11日(月)のオセアニア市場は、前週末の

終値に比べて、ややドル高のスタート。

午前5時30分現在、通貨により、5~10数PIPS

のドル高となっている。

(午前5時30分)

週末のアメリカで銃乱射事件

各社報道によりますと、

週末のアメリカで、銃の乱射事件が2件発生。

NYのスケートリンクと、テキサス州

ヒューストンの住宅(パーティー会場)。

それぞれ別件。

台風は、中国・ベトナム国境付近へ

フィリピンで甚大な被害をもたらした台風30号は、

ベトナム沿岸を北北西に上り、中国・ベトナムの

国境付近に上陸する見通し。

ベトナムでも大きな被害が出ている模様。

(午前5時)

2013年11月10日 (日)

フィリピン台風、被害広がる

フィリピンを襲った台風の、被害はすさまじく、

BBCなどは、死亡者は1万人にのぼる可能性、

と報じています。

台風は、その後、ベトナムに向かったようです。

外信各社は、跡形もなく、壊滅的な住宅地の

被害の写真を報じています。

2013年11月 8日 (金)

ECB欧州中央銀行が0.25%利下げ

ECB欧州中央銀行が、事前の予想とは、

異なる、政策金利の引き下げを決めました。

0.5%→0.25%です。

この利下げは、市場にとっては、予想外

だったようです。

ECBが、利下げしたということは、

それだけ、欧州の金融機関に不安がある、

ということを意味します。

.

GBP・USD、きょうのスキャルは、

+1.2PIPSでした。

朝方は、下落の流れの中で、SELLポイント

を決めるのが、難しい感じでした。

.

1.6282で午前6時15分ごろにSELL。

6時40分ごろに、微プラスで利確しました。

その後、少し下落しましたが、6時52分から

急激に上昇し、難しい相場つきをみせて

いました。

.

雇用統計の日の午前中は、乱高下する展開も

多いです。

2013年11月 7日 (木)

きょうのトレード+1.8PIPSでした。

けさのGBP/USDスキャル+1.8PIPSでした。

.

木曜日は、スワップポイントが、3倍というケースが

多いです。

ですので、木曜日は、スワップ目当ての買いが、

入り乱れ、やりにくい日です。

.

きょうも、ちょっとどうしようか、様子を見ながら

でしたが、5時30分ごろに、1.60816SELL。

買いの圧力が、あまり強くなかったためです。

(上がっていっても、おかしくないところで、

あまり上昇しませんでした。)

.

ただ、買いが多いので、あまり下げないです。

目標値の1.6076(売りレート)に到達せず、

77(売りレート)までで、利確しました。

(買いレート79台)

.

その後、午前9時半過ぎには、いったん下へ

振っていますので、買い圧力は、木曜日にしては、

弱いということだと思います。

2013年11月 6日 (水)

きょうは、見送りました。

GBP/USDスキャル、きょうは見送りです。

相場の方向が、はっきりしないです。

反転の場合、上に一気に持っていかれますので、

トレードを見送りました。

(その後の動きは、レンジとなっています。)

.

ほかの通貨ペアも、どちらに向いているのか、

はっきりしないものが、多いです。

ユーロも、反転するのか、下落継続なのか、

はっきりしないです。

2013年11月 5日 (火)

きょうのトレード+3.2PIPSでした。

GBP/USDスキャル、きょうは+3.2PIPS。

反転上昇中のGBP/USD。

2時15分にいったん下落し、上昇分の半値を

つけたあと、再び朝方にかけて上昇。

5時18分、1.5969SELL。

.

売りのタイミングが少し早かったです。

下へ振った動きに、つられています。

76まで上昇した後、下落。

6時20分ごろ、66あたりで利確しました。

2013年11月 4日 (月)

きょうのトレード+3.4PIPSでした。

けさのGBP/USDスキャルは、+3.4PIPSでした。

大きく下落してきたものの、目先の反転が予想される

パターンでした。

.

難しい対応でしたが、7時40分ごろに、

1.5931SELL。

その後の下落で、+3.4PIPS。

反転上昇が、予想される中で、深追いしませんでした。

.

その後、9時すぎぐらいからは、やはり、

上昇していましたね。

このパターンは、下降トレンドなので、買いにくい

ものの、目先、上昇するというタイプ。

対応は、難しいですね。

.

上昇したと思っていたら、昼頃には、急落。

その後、また上昇、と、めまぐるしいです。

.

ところで、ブルームバーグで、スイスのUBSが

銀行子会社設立へ、というニュースがでていました。

.

これが、実は、UBSに問題があることを

示しています。

.

最近、スイス中銀が、しきりに「大きすぎてつぶせない」

問題に対処すると、繰り返していますし、UBSが、

サブプライム関連の負の遺産を抱えている、という

噂は、かねてからあります。

.

欧州の金融機関で、サブプライム関連の影響が

あるところは、わりと、あるようです。

このところの、ユーロ安にも、関係しているように

感じます。

2013年11月 1日 (金)

きょうのトレード+5.7PIPSでした。

GBP/USDスキャル、きょうのトレードは、

+5.7PIPSでした。

.

きょうは、朝方に、一度SELLの機会を逃しました。

サポートライン割れの状況で、再びサポートラインの

下側にタッチする急上昇を警戒しすぎて、SELLに

慎重になりました。

.

このため、きょうは、急な下落をみてから、

10時10分ごろに、下値でBUYしました。

.

再び、下にもっていかれましたが、

1.6020あたりのサポートが機能して、

上昇しました。

.

レートは、1.6026BUY、長時間保有し、

13時ごろに利益確定しました。

.

GBP・JPYの急落が影響して、GBP/USDは、

反転のペースは鈍かったですね。

.

.

今日は、円相場は、大荒れの様子ですね。

麻生財務大臣が、アメリカのデフォルト問題に

関して、米国債に影響するので、発言を控える

と、述べたのが、影響したのでしょうか。

.

麻生財務大臣は、昔のアメリカの大恐慌の

分析にも、詳しいです。

デフレについても、よくご存じです。

.

金融の知識は、財務大臣になる前から、

かなりお持ちです。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ