« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

ドル/円、短期円高通過の可能性

■107円から110円に

短期的な円高のピークを通過した際には、逆方向に急速に戻すケースが多いですが、今回、107円台から110円台へと戻した動きは、短期的な円高のピークが通過した可能性を示しています。

円安方向に進む場合は、数日間110円前後でしばらく動いたあとに、本格的に円安方向に進み始めるという感じとなるでしょう。

In_picture_030

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

(以下の広告は、弊社と無関係です。節税を強調するものや、情報商材には、ご注意下さい。↓)

2007年11月27日 (火)

ドル/円が107円台に

■円高が進み、107円台に

NY市場で円高が進み、107円台に。

円高がさらに進むのか、反転するのか、微妙なところに来ています。

In_picture_028

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

◇海外口座開設の必要性はなく、日本の銀行からの送金が可能。

◇最低投資額は、3万ドル・ユーロを中心として様々。

◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。

◇購入サポートは無料で受けることが可能。

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

(以下の広告は、弊社と無関係です。節税を強調するものや、情報商材には、ご注意下さい。↓)

2007年11月22日 (木)

NY株、ベア局面入り濃厚

■13000ドル割り込み、12799.04ドル

NYダウは、13000ドルを明確に割り込み、NY株式市場のベア局面入りが濃厚。

ベア局面に入りますと、数年間にわたって、株式市場が全体として下降トレンドを描きます。

ファニーメイや、フレディマックが大きな損失を出すのではないかと、不安感が強いようです。

日本株は、過剰流動性での単なる世界的な循環物色で上昇しただけですから、当初から問題外です。

In_picture_016

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

◇海外口座開設の必要性はなく、日本の銀行からの送金が可能。

◇最低投資額は、3万ドル・ユーロを中心として様々。

◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。

◇購入サポートは無料で受けることが可能。

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

(以下の広告は、弊社と無関係です。節税を強調するものや、情報商材には、ご注意下さい。↓)

2007年11月17日 (土)

ゴールドマン、銀行融資2兆ドル縮小を指摘

■サブプライム余波の信用収縮

ゴールドマンサックスは、銀行が2兆ドルの融資を縮小する可能性を指摘。(=ロイター)

サブプライム関連で損失を被った銀行が、自己資本比率を維持するため、融資を抑制するとの見方。

日本の銀行にも、同様の影響がありそうです。

In_picture_026

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

◇海外口座開設の必要性はなく、日本の銀行からの送金が可能。

◇最低投資額は、3万ドル・ユーロを中心として様々。

◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。

◇購入サポートは無料で受けることが可能。

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

.

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年11月 1日 (木)

FRB、0.25%利下げ

■利下げパターンに入る

FRBは、連続利下げには否定的なトーンのようですが、利下げを継続するパターンに入ったようです。

昨日は、NYダウは上昇、円は円安に。

年末は、ダウの過去の傾向から、大幅下落するパターンが予想されます。

来年5月もダウは大幅下落のパターンが予想されます。

しかし、そのさらに後は、大幅な上昇パターンです。

商品のインフレ傾向は懸念されます。

In_picture_034_2

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

◇海外口座開設の必要性はなく、日本の銀行からの送金が可能。

◇最低投資額は、3万ドル・ユーロを中心として様々。

◇直接投資が可能で、証券口座などは不要。

◇購入サポートは無料で受けることが可能。

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

.

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ