« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

財務省HPに8月1日から借金時計

■借金時計が財務省HPに

時事通信によりますと、財務省は、8月1日からホームページに、長期債務の増加を示す借金時計の掲載を開始。

さすがに、債務増加に無関心な国民に、現状を知ってもらおう、ということなのでしょう。

長期債務残高を示すことは、反面で、国家破産のリスクに対する不安感を強めることにもなりますが、良くも悪くも、債務問題に無関心な国民対して、しびれをきらせた感もありそうです。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」登録無料http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

チリ、銅収入増で財政黒字

■チリ、財政黒字拡大

ロイター通信によりますと、チリ財政省は、2007年・第2四半期の財政黒字が、国内総生産(GDP)比で2.9%、上半期では5.3%になったことを明らかにしました。

銅売却収入の増加が原因とのこと。

チリは、銅の産出が豊富ですから、資源価格上昇の追い風を大きく受けているようです。

ちなみに、チリのワインには、価格と比較して良質なものが多く、欧米では、チリワインの愛好家もいます。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYダウ反発

■NYダウ13358.31(+92.84)ドル

大幅な下落を受けて注目された月曜日のNYダウは、金融株やエネルギー株が上昇し、92ドル84セント高。

13000ドルを割り込む場合、株価の下落が景気の悪化につながることを警戒しなければなりませんが、13000ドルを維持していることから、反転上昇の可能性も念頭に置きたいところです。(日本株は、当初からネガティブな見方です。)

In_picture_028_1

   

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                                                                                            

2007年7月30日 (月)

円高は限定的か?

■円高の行方

今回の大幅な円高の行方が注目されていますが、GOLDのドル建て価格が沈静化してきたことや、ユーロ/ドルでユーロが下落し、ドルが上昇していることなどから、沈静化の兆しが伺えます。

いずれ訪れる米国景気の後退局面で、ドル安・円高に転換はするはずですが、まだ円安トレンドは、終了せず、継続しているようにみえます。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

参院選、自公連立政権大敗

■参院、与党過半数割れ

自公連立政権は、参院選で大敗し、参院は与党が過半数割れ。

小泉連立政権以来の構造改革路線が、国民生活の向上につながっていないという批判を、民主党がすくい上げた形。

与党の大敗は、事前に予想されていたため、金融市場での反応は、これまでのところ限定的。

民主党の小沢氏は、これまで野党側が苦手としてきた、地方の1人区に狙いを定め、本来、自民党の牙城である地方の1人区で、議席を伸ばしました。

自民党は、これまでの構造改革路線で、自らの支持基盤を弱体化させてきたため、地方からの反発を抑えることができませんでした。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月29日 (日)

今回の円高

■過大なポジションの解消

今回の円高は、過大な円売りポジションが巻き戻されたわけですが、2005年12月にとても似ている感じです。

夏休みという休暇を控え、為替のファンドマネージャーは、十分儲かった利益を確定したいですし、ドル/円をみますと、上値を更新できない状況が、やや長引いていました。

まだ、FRBの利下げや、日銀の連続利上げが実施されているわけではありませんので、

短期的な急激な円高の動きは別としまして、円安トレンドとしては、まだ継続しているのではないかとみています。

ただ、レバレッジを高めてFX取引をしている場合、短期的な円高でやられてしまいますので、注意が必要です。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

対中コメ輸出、4年ぶり再開

■上海など高級スーパーで富裕層に(サーチナ・中国情報局=中国新聞社電・労働報)

対中コメ輸出が4年ぶりに再開され、今年7月下旬から中国・上海などの高級スーパーなどで日本米の販売が開始。

価格は中国産の20倍、タイ・ベトナム産の10倍ながら、販売初日から飛ぶような売れ行きとのこと。

日本の品質の高い食料品が、中国で高値を呼ぶということが、今後も起こってくるのでしょう。

どんどん自由化が進みますと、日本での高級食材の品不足から、日本人はさらに高値でしか高級食品が食べられなくなり、良いものはどんどん中国の上海や北京へ、という流れが定着してくるのでしょう。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月28日 (土)

オーストラリアのヘッジファンドの波紋

■ABNアムロ・オーストラリア系のヘッジファンド

解約を停止した、このオーストラリアのヘッジファンド(A社)は、あまり聞いたことがない会社でしたが、スイスなどを拠点とする、欧州系ヘッジファンドのA社と名前が同じため、欧州系A社への波及が一時懸念されました。

しかし、その後、両社は、全く別々の会社であり、欧州系A社とは全く関連がないことが判明しました。

欧州系A社は、オーストラリアのヘッジファンドとは無関係で、米国のサブプライムローン関連には投資していない、というコメントを出しています。

オーストラリアのヘッジファンドは、サブプライムローン関連の金融商品など、債券系の運用を専門としていて、こうした債券系のヘッジファンドを、AUD・NZD・JPY・USDの通貨ごとに、数本ずつ商品としてそろえていました。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月27日 (金)

オーストラリアのヘッジファンド、解約停止

■サブプライムローン関連

サブプライムローンに関連し、オーストラリアのヘッジファンドが、2本のファンドの解約を停止。

このヘッジファンドは、サブプライムローンの債券関連にも投資し、AUD、NZD、円、USDで年率10数パーセントのリターンを出していましたが、やはり債券関連のヘッジファンドの場合、流動性が低いもので運用している場合、リスクは大きいです。

LTCMや、ベアー・スターンズ系のヘッジファンドも、すべて債券系のヘッジファンドです。

ヘッジファンドと一口で言いましても、ファンドによって、運用先や、タイプは全く異なりますので、わざわざ、期待リターンに比べてリスクが高いタイプに投資するのは、避けたいところです。

逆に、こうした不安定な経済状況に強い傾向を示すタイプのヘッジファンドもありますので、経済状況を見据えたヘッジファンドの選択は、基本に忠実に行いたいところです。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYダウ急落、下落幅300ドル超

■NYダウ 13473.57ドル (-311.30ドル)

NYダウは、一時449ドルの下落も交え、大幅下落。

311ドルの下落は、今年2月に続いて、2番目の下げ。

オーストラリアのヘッジファンドが、サブプライムローン関連で2本のファンドの解約を停止。リスク回避の動きが強まり、為替市場も、朝方、1ドル=118円に。

日銀の野田審議委員が、昨日、「時間的なラグを踏まえてフォワード・ルッキングな立場に立って柔軟、かつ機動的に金融政策を運営する必要がある(=ロイター)」と述べ、日銀が8月に利上げする姿勢をみせたことも、過剰流動性の収縮懸念から影響したようです。

In_picture_016

(ウォール街のNY証券取引所)

金融市場では、休暇前にポジションが大きく解消されるケースがあり、2005年の12月の一時的円高(クリスマス休暇前)などが起きています。

今回のNYダウ下落が、そうした一時的な、ファンドマネージャーの利益確定(年収を確定して夏季休暇を楽しむ)パターンなのか、あるいは後退局面の初めなのかは、まだ判然とはしません。

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月26日 (木)

アフガン、人質1人殺害か

■韓国人23人拉致事件

聨合通信などによりますと、アフガニスタンでタリバンに拉致された韓国人23人のうち、男性1人が殺害されたもよう。

人質の人数が多いだけに、事件の推移が注目されます。

イスラム勢力とアメリカなど西側諸国との対立は、なかなか解決しません。

宗教的な背景があるだけに、今後もアフガン、イラクなどは、難しい状況が続くのでしょう。

(↓ビル手前がNY同時多発テロ跡地。)

In_picture_006_3

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月25日 (水)

伊勢丹・三越、提携交渉

■組み合わせに少し驚き

伊勢丹は、九州では、岩田屋や井筒屋を事実上系列化してきたのですが、さすがに本丸の三越という話には、少々驚きました。

日本橋の三越を見ればわかりますが、やはり保守的な資産家には、三越は強いですね。

関西にある三越と、かなり違う印象です。

In_picture_071_3 

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

日経平均143円安

■NYダウ下落受け、日経平均下落

日経平均は、-143.61円の17858円42銭で大引け。

昨夜NY市場で、カントリーワイド・ファイナンシャルが減益決算を発表したことから、サブプライムローン問題が再認識されました。

NYダウは、-226.47ドルの13716.95ドル。

ただ、サブプライムローン問題の金融界全体への影響は、限られるとみています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月24日 (火)

英国経済変調か

■英7月鉱工業受注指数、-6に

ロイター通信によりますと、英産業連盟が発表した7月の鉱工業受注指数は、マイナス6となり、6月のプラス8から急低下。ポンド高で輸出が打撃を受けたという。

確かに、ロンドンの地下鉄初乗りが、1000円(4ポンド)というのは、あまりに行き過ぎの感があります。

英国経済に、何か変調が起きているのかもしれません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

コムスンの行方

■コムスンの行方

介護事業のコムスンについては、転んでもタダでは起きない折口氏について、以前このブログでも書きましたが、英国で介護事業が注目されているという。

富裕層向け介護事業なのか、ビジネスモデルは、よくわかりませんが、日本では、介護保険の利用(出費)が膨張することは避けたい国側の意向も働いているようで、なかなか利益を生みにくい状況です。

数年前に、海外のファンドマネージャーが、日本の介護事業は儲からないだろう、と話していましたが、今のところ、そういう状況です。

介護保険が、国保のように、膨張し、儲かるだろうという読みは、現在のところ、はずれています。

しかし、物事は複眼でみる必要がありますので、英国で注目されているという介護ビジネスについて、動向に関心を向けることは、必要ではないかと思います。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月23日 (月)

中国、利子課税引き下げ

■8月15日実施、20%→5%に(新華社=ロイター)

新華社は、20日、中国の利子課税が、8月15日から現行の20%が、5%に引き下げられると伝えました。

また、中国人民銀行は、21日から利上げを実施し、これにより、預金基準金利は、3.06%→3.33%に。

経済の過熱を沈静化し、クラッシュを避けようとする中国当局の意向で、投資資金を預金に回帰させようという意図のようです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

アフガニスタンで人質救出作戦

■アフガニスタンで韓国人23人救出作戦(=ロイター)

アフガニスタン国防省は、タリバンに拉致された韓国人23人の救出作戦を開始。

アフガニスタンでは、ドイツ人の人質2人が殺害されています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月21日 (土)

少し円高の動き

高水準の円売りポジションが、やや解消されています。

ドル/円の為替レートは、121.28-121.32の水準。

このところ、急伸していたカナダドルは大幅下落(円高)し、115円台に。

ユーロ/ドルでのユーロ高ドル安が先行していましたので、これがドル/円にも波及した感じです。

ただ、円安トレンドが終了したことを示す状況は、まだみられませんので、一時的な調整が進んでいるものとみられます。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月20日 (金)

JPモルガン、ABX指数の底入れ近いとの見方

■JPモルガン証券のアナリスト

ロイター通信によりますと、JPモルガン証券のアナリスト、クリストファー・フラナガン氏は、サブプライム問題について、「このセクターで底入れが近いと考えている。ABX指数は、悪材料の大方を既に織り込んだと認識している。」とコメント。

サブプライム問題は、深刻ではありますが、かなり織り込まれているという意味です。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

バーナンキ議長、サブプライム損失500億-1000億ドル

■FRBバーナンキ議長

アメリカ・FRBのバーナンキ議長は、サブプライム問題の損失額について、500億ドルから1000億ドルという見方を示しました。(ロイターなど)

この額は、市場では、あまり大きな額ではないと受け取られているようです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月19日 (木)

速報・NYで大規模爆発

■NYで大規模爆発

NYで大規模爆発がり、けが人がでている模様。詳細は不明。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

一時的円高警戒

■ゴールド上昇

NY金先物8月限は673.70ドルに。

ユーロ/ドルも、1.38前後の高い水準にあり、ドル/円の為替相場への影響が懸念されます。

一時的な円高を警戒したいところです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

米機密報告書、アルカイダ攻撃の脅威指摘

■米本土攻撃の脅威

米政府は、17日、米本土に対するアルカイダによる攻撃の脅威が高まっているとする機密報告書の一部を公開。

差し迫った攻撃の兆候は、今のところないとのこと。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

英、地下鉄初乗り1000円

■英地下鉄、初乗り4ポンド

時事通信などによりますと、英地下鉄は、初乗りが4ポンドのため、日本円で約1000円に。ポンド/円の上昇が原因。

日本人駐在員や、観光客が悲鳴を上げているというということですが、さすがに、欧州通貨の対円での上昇は、実体水準を超えてきています。

ただ、急に日本から欧州への輸出が増えて平衡化されることもありませんので、しばらくは、こうした水準が続くのでしょう。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月18日 (水)

ベアー・スターンズ、傘下ヘッジファンド2つ、無価値の見方

■ウォールストリートジャーナル(ロイター)

米証券ベアー・スターンズが、傘下の2つのヘッジファンドは、無価値との見方を示す。

サブプライムモーゲージ債の価格大幅下落が原因。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYダウ、14000ドル超え

■NYダウは14000ドル超え

NY株式に資金が集まる動きが続き、ダウは上昇。

サブプライム問題が、微妙にFRBの利上げを抑制しているようです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月17日 (火)

大田経財担当相、成長加速タスクフォース発足へ

■成長加速プログラム・タスクフォース

大田弘子経済財政担当相は、「成長加速プログラム・タスクフォース」を発足させ、18日に初会合を開くと発表。

成長加速が現実のものとなるのか、あるいは絵に描いた餅となるのか、注目です。

また、成長加速が広く国民に利益をもたらすかどうかも注目されるところです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

DJ買収、50億ドルで暫定合意

■ダウ・ジョーンズ買収、50億ドル

時事通信によりますと、米ウォールストリートジャーナル電子版は、16日、米メディア大手、ニューズ・コーポレーションによる、米・情報大手、ダウ・ジョーンズ買収について、50億ドルで暫定合意が成立した、と報じました。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

☆まぐまぐメルマガ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日http://www.mag2.com/m/0000221490.html

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYダウ、14000ドル目前

■NYダウ上昇、13950.98ドル

NYダウは、43.73ドル上昇し、14000ドル目前に。

国際展開をはかる多国籍企業が多い米国市場が、評価される局面です。

サブプライム問題は、懸念されているものの、逆に微妙な抑制が効いているようです。

サブプライム問題は、深刻ですが、すべての金融機関に影響が波及するという状況ではありません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月16日 (月)

IMM、円売りポジションやや縮小

■「IMM円売りポジションやや縮小」

IMMのポジションは、円売りポジション(ネット)がやや縮小し、12万5890枚のネットショートに。前週は、15万5138枚でしたので、やや縮小していますが、依然として大きなポジションが維持されています。

日銀の利上げスタンスが、このところの米国・サブプライム問題を受けて、消極化しているようにみえます。

日銀の超低金利によって供給されている過剰流動性が失われますと、日銀が世界経済クラッシュの引き金をひきかねないため、慎重になっているようです。

■ユーロ、1.3775-1.3780ドル(8:40現在)

ユーロは、対ドルで強い状況が続いています。

IMMポジションは、10万2896枚のネットロング(ユーロ買い持ち)です。

ユーロには、必ずしも強気ではありませんが、勢いがあるようです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ「海外ファンド投資入門」              http://blog.livedoor.jp/nikotama1/

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月15日 (日)

北朝鮮が核施設停止を米国に通知

■北朝鮮が核施設停止を米国に通知

時事通信によりますと、米国報道官は、北朝鮮から核施設の停止の通知を受けたことを発表。

北朝鮮・リビア・イランなどで、緊張緩和の動きが続いています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月13日 (金)

米が駐リビア大使、35年ぶり

■駐リビア大使を35年ぶりに任命

ロイター通信によりますと、アメリカのブッシュ大統領は、35年ぶりとなる駐リビア大使を任命。カダフィ大佐が大量破壊兵器を廃棄したことを評価。

アメリカは、イラクでフセイン元大統領を追い落としたことで、リビア、北朝鮮で譲歩を引き出した形です。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYダウ、最高値更新

■NYダウ 13861.73ドル(+283.86ドル)

NYダウは、サブプライムローン問題が限定的であるという見方が強まったほか、日銀が予想どおり金利を据え置いたことなどから、大幅上昇。

ロイター通信によりますと、S&Pは、格下げの方向で見直すと発表していた住宅ローン担保証券の規模を、120億ドルから、70億ドルに修正(縮小)すると発表。

この問題が限定的であるとの見方が強まりました。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月12日 (木)

サブプライム、「大半の銀行が良好」

■フィラデルフィア連銀総裁

ロイター通信によりますと、米フィラデルフィア地区連銀のプロッサー総裁は、講演後の質疑応答で、「サブプライム問題の中、大半の銀行が良好な状態にあると考えている。」と述べました。

同じくロイター通信によりますと、ウォーシュFRB理事は、「われわれが監督している機関については、差し迫ったシステミックリスクの問題はみられない。」「この事態は底打ちしていない可能性があるというのが、FRB全体の見解だと思う。」と述べました。

こうしたコメントを総合しますと、サブプライム問題は、まだこれから表面化してくるものの、金融界全体に波及する状況ではなく、問題は限定的だということです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

続きを読む "サブプライム、「大半の銀行が良好」" »

2007年7月11日 (水)

パキスタン・モスク立てこもり、軍突入

■軍突入で60人死亡

パキスタンのモスク立てこもり事件は、軍が突入し、60人が死亡。(=ロイター)

パキスタンでは、大統領機が砲撃を受けるなど、イスラム過激派と政府間で、不穏な雰囲気に包まれています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

米住宅ローン懸念で、円キャリー巻き戻し

■スタンダード&プアーズ、ムーディーズが住宅ローン担保証券の格付け引き下げ

格付け2社が、住宅ローン担保証券の格付けを引き下げると発表したことから、リスク回避の動きが強まり、安全性が高い米国債が上昇。

また、ドルは売られ、円キャリートレードも巻き戻しで、ドル/円は121円台に。

(ココログのメンテのため、昨日は出稿していません。)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 9日 (月)

オーストラリア、インドネシアでの攻撃警告

■バリ島含むインドネシア

ロイター通信によりますと、オーストラリアが、バリ島を含むインドネシアで、武装勢力による差し迫った攻撃を警告。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

イラク北部で自動車爆弾

■150人以上死亡の可能性

イラク北部の市場で、7日、大型トラックの自動車爆弾が爆発、死者は150人に上る可能性。(=ロイター)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

パキスタン大統領機、砲撃受ける

■ムシャラフ大統領機が砲撃受ける

ロイター通信によりますと、パキスタンのムシャラフ大統領が乗った飛行機が、ラワルピンディの空軍基地を離陸した際に、砲撃を受けました。飛行機は無事。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 6日 (金)

原油価格、上昇じわり

■NY原油先物8月限、71.81ドル

原油価格が、また70ドル台に入ってきました。

じわじわ上昇しています。原油価格の反騰があるのか、ないのか、要注意です。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 5日 (木)

ヒルトンホテルズ、ブラックストーンが買収

■ヒルトンホテルズを185億ドルの現金で買収

ウォールストリートジャーナルによりますと、ヒルトンホテルズをブラックストーン・グループが185億ドルの現金で買収することで合意。

大型買収が、また出ました。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ムーディーズ、日本格付け引き上げ方向

■A2を引き上げ方向で見直すと発表(ロイター)

安部政権の公共投資削減などを評価しているのですが、ちょっと疑問符な引き上げ方向の見直しです。

債務の膨張は、まだ止まっていません。

ムーディーズは、以前日本の金融機関が危機に陥る前も、日本の金融機関の格付けを変更せず、外国ファンドマネージャーらから実態を反映していないとして批判を受けたこともあります。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 4日 (水)

ヘッジファンド・ホライゾン、解約請求一時停止

■債務担保証券(CDO)でダメージ

ロイター通信によりますと、ヘッジファンド・ホライゾングループの4ファンドが、解約・返金請求の受付けを一時停止。

4ファンドは、債務担保証券(CDO)のような、市場流動性の低い証券化商品に投資していました。

サブプライムモーゲージの信用デリバティブのポジションを手仕舞った際に、損失を出したということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

流動性の低いものに投資しているヘッジファンドや、債券型のヘッジファンドは、今後もリスクにさらされるものとみられます。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 3日 (火)

シティバンクの現地法人化

■シティバンクの現地法人化

シティバンクが、日本での銀行業務について、現地法人化し、東証への上場も検討しています。(=ロイター)

ところで、シティバンクの中の、プライベートバンク部門は、日本から撤退した経緯もあり、今後、日本の規制とうまく折り合いが付くかどうか、注目されます。

シティバンクとしては、銀行の支店を増やす他、傘下の日興証券を活用して本格展開をはかる考えのようです。

日本の銀行と、日本国内で本格的に競うことになる、初めての外銀となる可能性はありそうです。

逆にいいますと、これまで日本の銀行が、国際競争にさらされずに、今まで保護されてきたということになります。

金融自由化は、やや使い古された言葉ではありますが、2007年になって、ようやく本格化してきたのでしょう。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年7月 2日 (月)

スイスフラン、一時101円台

■スイスフランが上昇

利上げが進み、上昇が予想されていたスイスフランが上昇、日本時間の18時台に、一時101円を記録。

スイスフランは、円とならぶキャリー通貨でしたが、円より早く利上げが進んでおり、上昇局面に入ったようです。

過去記事 「スイスフラン上昇傾向」  6月24日記載

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ