« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

さすがに18万枚の円売りは・・・

■IMM通貨先物188077枚の円ショート

さすがに、シカゴIMMの、この円売りポジションは、過大でしょう。

短期的にポジション調整が懸念されます。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ロンドンで爆弾テロ車両を処理

■ロンドンで爆弾テロ未然に回避

ロイター通信によりますと、ロンドン警視庁は29日、劇場などが集中する市内の繁華街で大量のガソリンやクギなどが積まれた自動車2台を発見、爆発を未然に防ぎました。

最初に発見された車は、緑色のベンツで、ナイトクラブは数百人の客で賑わっていたということです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月29日 (金)

FOMC、インフレ警戒

■FOMC、政策金利5.25%据え置き

アメリカのFOMCは、予想通り5.25%の据え置き。

声明文では、「インフレ圧力の持続的な鈍化は、いまだ納得できる形で示されていない。」とし(=ロイター通信)、インフレに対する警戒姿勢をやや強めました。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月28日 (木)

ソシエテ、株式比率下げへ

■ソシエテジェネラル・アセットマネジメント

ロイター通信によりますと、ソシエテジェネラルアセットマネジメントは、株式のエクスポージャーを引き下げ、株式「ニュートラル」、債券「ややアンダーウェート」に変更。

賃金と利益の再調整が進むことから、株式市場は伸び悩むと指摘。

また米国は来年利下げの可能性を指摘。

■外銀がインドネシアルピア売り観測

■ECB 「日米と金融安定化について話をしている。」

■NZ中銀のNZD売り介入、今月11日以降、3回。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ポールソン財務長官、金利上昇は警鐘

■アメリカ・ポールソン財務長官

ロイター通信によりますと、ポールソン財務長官は、最近の世界的な金利の上昇について、「一部の行き過ぎに注目させるための警鐘だと確信している。」とコメント。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月27日 (水)

NY金価格が大幅下落

■645.30ドル、-9.40ドル下落

NY金先物8月限は、645.30ドルと、-9.40ドルの大幅下落。

北朝鮮で年内に核施設が閉鎖される見通しがでていることや、韓国が北朝鮮にコメ支援を再開する方針であることなどから、北朝鮮関連のリスクが低下すると判断されているようです。

金価格は、有事に上昇する傾向があることから、金価格の下落は地政学的リスクの低下を意味します。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月26日 (火)

NY市場小動き、動向に注目

■NYダウ13352.05ドル

先週金曜日に185.58ドルの大幅下げとなったNYダウは、月曜日は小動き。

米証券ベアスターンズ傘下の2つのヘッジファンドが閉鎖の危機にあることから、この影響がどれぐらい市場に出るか、注視されています。

債券に投資するタイプのヘッジファンドは、米国で起きた金利の急上昇で、ダメージを受けています。

NY市場には、少し不穏な雰囲気もあります。

ここで下げ止まるか、あるいは下降トレンドに向かうのか、注意が必要な状況です。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月25日 (月)

国際決済銀行、円安は異常と指摘

■国際決済銀行(BIS)報告書

ロイター通信によりますと、国際決済銀行(BIS)は、24日発表した年次報告で、最近の円安は「異常」だとし、円をショートにしている投資家は、1998年の円の急騰を思い出すべきだと警告しました。

報告は、「最近の円安は明らかに異常だ。根本的な問題は、円が大幅な上昇を許されないと一部の投資家が確信していることだ。」とし、「円が対ドルで2日間に10%以上上昇し、キャリートレードを行っていた投資家が多額の損失を出した1998年秋を思い出すべきだ。」と警告しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このBISの警告は、為替市場が、さらに極端に円安に振れた後、現実性が増すのでしょう。

当面は、さらに「異常」な円安の勢いが増すことも考えられます。

1998年の円高は、大幅でしたが、そのレートが持続して維持されたわけではありません。

市場の不安定さは、増大していますが、もし一時的に大幅な円高があった場合、海外投資を予定している方には、好機といえるでしょう。

1割の調整としますと、113-115円ぐらいとなります。

秋ごろまでに、こうした状況が起きても不思議ではありません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月24日 (日)

米国株が軟調

■ベアー・スターンズ傘下のヘッジファンド問題を嫌気

NYダウは、先週末に大幅下落。

ベアー・スターンズ傘下のヘッジファンドが、債券投資で損失を出し、救済されるとの観測を市場は嫌気。

債券市場で、金利が急上昇した際に、ダメージを被ったようです。

債券に投資するファンドは、意外とリスクがあります。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

スイスフラン、上昇傾向

■今年注目のスイスフラン

今年初めから注目していたスイスフランが対ドルで上昇。

スイスフランは、円よりも利上げのペースが速く、いずれ利上げが織り込まれると思っていましたが、いよいよ上昇開始の機運です。

スイス中央銀行も、しばしばインフレ懸念のコメントを出しており、今後の市場の反応が注目されます。

これまでは、スイス中銀の利上げにもかかわらず、スイスフランは上昇傾向とまでは言えませんでした。 しかし、利上げの階段が形成されますと、通貨が強くなるケースは多いです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月22日 (金)

グアムから帰国

■グアム

グアムに行っていまして、ブログの更新が遅れました。

本日より、また、ほぼ毎日更新いたします。

よろしくお願いいたします。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月19日 (火)

ドイツ、2008年に財政均衡化

■グロース独経済技術相

ロイター通信によりますと、グロース独経済技術相は、18日、ドイツの財政が、1989年以来初めて2008年に均衡化する可能性が高い、との見通しを示しました。

ドイツは、最近、国際舞台でアメリカと張り合う局面がみられますが、東西ドイツの統一をこなして、財政を均衡化させてきた自信のあらわれともいえます。

ヨーロッパでは、株式・不動産ともに、非常に高くなっており、やや過熱気味でもあります。

対円で165円に達しているユーロの行方、ヨーロッパ市場の行方が注目されますが、ユーロの現状の水準は、過大評価されているとみています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月18日 (月)

ニュージーランド準備銀行が介入観測

■NZD売り、USD買い介入観測

ロイター通信によりますと、ニュージーランド準備銀行が、NZD売り、USD買いの介入を行ったとの観測がでています。

NZDの対円相場は、午前7時現在、92円80銭前後と、円安の流れの中で、あまり大きな影響はでていません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月15日 (金)

東証がシンガポール証取株取得

■東証がシンガポール証取の株式取得

ロイター通信によりますと、東証がシンガポール証券取引所(SGX)の株式の4.99%を374億円で取得。市場で買い付け。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

日銀福井総裁、利上げに消極的に

■福井総裁の記者会見

金融政策決定会合では、予想どおり、金利水準の変更はありませんでした。

ロイター通信の総裁会見のやりとりをみますと、福井総裁が、これまでの利上げ積極型から、転換しているのがわかります。

福井総裁は、「今のところ、グローバルなインフレ期待は安定している。」と述べるとともに、市場で夏場の利上げが織り込まれていることについて、「あくまで1つの参考材料ということであって、われわれに予断を持たせる材料には決してならないということ。」と述べています。

こうした発言は、最近の利上げに積極的な姿勢を、大きく転換したものです。

さすがに、福井総裁の利上げ前向き発言の日には、NYダウが大幅下落、ということが何度か続きましたし、このところの米国金利の急上昇に、不穏さを感じているのでしょう。

ここで日銀が利上げをして、世界の過剰流動性を絞ると、クラッシュの引き金を日銀が引いてしまうかもしれないということを認識されているのでしょう。

会見の中で、おもしろい質疑としましては、以下のようなものもありました。

TBS株を日銀が保有しているという情報があるが?

私(福井総裁)は全く承知していない。組織としても、個別銘柄にはコメントできない。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ドル/円は、123円

■123円台にのせる

ドル/円は、きょうの日銀・福井総裁の会見で、利上げに向けた発言がでるのではないかとみられているものの、123円まで上昇。

もともと、米国金利が実際に下がり始めて、ややタイムラグを置いてから円高に転換、というのがパターンですから、まだ基調としては、円安の流れなのですが、さすがに安部政権の現状がここまで来ますと、政治面での不安感も意識されているように思えます。

前農水相、社会保険庁、朝鮮総連本部売却問題、さらに飯島元秘書官からの安部総理批判まで飛び出し、安部政権は持つかな?という感じです。

最近、週刊誌などで、麻生太郎氏の名前が挙がっています。

麻生氏とは、地元の福岡県飯塚市でお会いしたこともあるのですが、選挙の地盤も強く、自民単独で楽勝、家柄も良いとあって、格好の人材なのでしょう。

麻生氏は、地元でも、おばさま族の人気がとても強いです。

安部氏は、本州の一番端の山口県が地盤ですから、麻生氏の地盤とは、海を隔ててすぐ近く、という関係です。

さて、政局がどうなるのか、また、最近利上げに向けた発言がみられる福井総裁が、また利上げ発言をするのか?

日本の政治・金融政策の状況は、不透明感に包まれています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月14日 (木)

債券運用で損失、米証券傘下のヘッジファンド

■ウォールストリートジャーナル(14日)=ロイター

「米証券大手、ベア・スターンズ傘下のヘッジファンド、得意の債券運用で損失を被り、モーゲージ証券の大量売却を迫られる。」と伝えられています。

最近の米国金利の急上昇で、債券価格が下落した際に、何らかのポジションがダメージを受けたようです。

■リーマンブラザーズ

ロイター通信によりますと、リーマンブラザーズは、13日、米債券ファンドのベンチマークとなっている同社の米総合債券インデックスについて、6月12日までの1年間のリターンがマイナスに落ち込んだと発表。

こちらの話題も、金利急上昇の影響です。

債券に投資するタイプのヘッジファンドは、予想外にリスクを持っていることが、伺えると思います。あのLTCMも、債券に投資するタイプでした。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ドル/円、122円台に

■7:40現在、122円65銭ー69銭

ドル/円は、上昇の最終局面とみていますが、さすがに最終局面だけあり、大きく値を飛ばしています。

きっかけは、米国の小売の数字が良かったことですが、ユーロ/ドルをみましても、1.3304-1.3309と、ユーロが下落し、ドルが上昇しています。ドルは底堅い動きです。

また、米国金利も、10年物米国債で、5.2%から5.3%と、上昇しています。

ただ、最終局面でのドル/円の上昇は、真空地帯を上昇するような面もありますから、安易なポジション構築には、リスクが伴います。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月13日 (水)

グリーンスパン前議長、転換近いと発言

■流動性の高まり、転換点近いと示唆

ロイター通信によりますと、グリーンスパン前議長は、商業不動産に関する会合で、世界の流動性の高まりは、転換点に近づいている点を指摘。「中国および第3世界の現在の成長率を維持することはできない。無期限に続くものでは、ない。」と述べました。

また、世界的な流動性の拡大は、冷戦終結までさかのぼる、と指摘。

これは、冷戦終結後に軍備予算が縮小し、また世界的なリスクが緩和して、流動性の拡大が始まった、いわゆる「平和の配当」といわれるものです。

新興国の債券市場は、下落。(=金利上昇)

アメリカ10年国債は、5.3%まで金利が上昇。金利上昇を嫌気して、神経質な展開のNY株式市場は、大幅下落。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月12日 (火)

コムスン売却とは、さすが折口会長

■コムスン売却方針、転んでもただでは起きない折口会長

コムスンを売却しますと、折口会長らは、また利益を得ることができます。

転んでもただでは起きない折口会長。

きわどい綱渡りに強いですね。

折口会長には、直接会ったことがありませんので、人間性がどうかとかは、わかりませんが、ジュリアナ東京以来の勝負強さは、健在のようです。

売却してしまいますと、引き継ぐのは買収先の介護会社ですから、厚生労働省の処分も影響ないということです。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月11日 (月)

米国で金利上昇

■米国で金利上昇

瞬間的な急上昇は、ひと段落したものの、米国の金利が上昇の方向であることがはっきりしてきました。

米国債10年もので、5%を超えてきています。

これは、米国景気が、意外と底堅く、インフレ懸念が継続しているためです。

米国では失業率がかなり低下しているほか、時間あたり賃金が上昇しています。

こうした賃金関係のインフレ圧力は、インフレの中でも、かなり強いですので、こうした圧力が、金利の上昇につながっているのです。

きっかけとしましては、ゴールドマンサックスが金利の見通しを変更したことが、大きな要因となっています。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 9日 (土)

ユーロが対ドルで大幅下落

■ユーロが対ドルで大幅下落

ユーロ/ドルの為替レートが大幅に下落しています。

ユーロロングのポジションが、異常に積み上がっていましたので、この巻き戻しが進んでいます。

ユーロの過大評価は、誰もが感じるところです。

現在、1.3365ですので、これは、かなり世界的な地政学的リスクが低下していることを示しています。個人的には、ユーロには、以前からあまり強気ではありません。

米国株は、150ドル余りの大幅上昇。

まだ、米国株のトレンド転換は、よくわかりません。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 8日 (金)

米国株が大幅続落

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■NYダウは、-198.94ドルの大幅続落

NYダウは、前日の約130ドルの下落に続いて、200ドル近くの下落。

トルコとイラク北部の国境地帯での不穏な動きが懸念されているほか、株式市場が期待していたFRBの利下げが、当分なさそうだという認識が広がり、金利が上昇、株式は下落の動き。

2日連続の下落ですので、3日目が注目されます。

仮に3日連続の下落となりますと、トレンドの転換を検討する必要もありそうです。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 7日 (木)

トルコがイラク侵攻情報で混乱

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■トルコ軍がイラク北部に大規模侵攻との情報で混乱

ロイター通信などによりますと、トルコ軍がイラク北部に大規模な侵攻をしたとの情報が流れ、トルコ軍関係者は否定。

事実関係はよくわかりませんが、クルド武装組織を追って越境することは、よくあり、今回も越境はしていたようです。

ダウは、13465.67ドルと、-129.79ドルの大幅安。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 6日 (水)

ドイツでのサミットに注目

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■ドイツで6月6日~8日、サミット開催

ドイツ北部のハイリゲンダムで開催されるサミットに注目したいです。

今回は、ロシアとアメリカの間で問題となっている、東欧諸国でのミサイル防衛システム配備問題や、フランス・サルコジ大統領がユーロ高にどう言及するか、また、ヘッジファンド規制をめぐる、アメリカとドイツの対立など、様々な注目点があります。

いずれも、結構大きな項目ですので、通常は予定通り開催されるだけということも多いサミットですが、今回のドイツサミットには、ちょっと注意を払いたいです。

このほか、急落した上海株式市場は、下げ止まり。

アメリカFRBの利下げ観測は、後退。アメリカ景気の堅調さが再認識されています。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 5日 (火)

サルコジ大統領、為替相場懸念表明へ

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■フランスのサルコジ大統領、サミットで為替相場に懸念表明へ

ロイター通信によりますと、フランス大統領筋は、今週のサミットで、フランスのサルコジ大統領が為替相場に懸念を表明する見通し。

大統領筋は、「サルコジ大統領は、この問題を取り上げる。」と話したということです。

さすがにユーロ高はきつい、ということですね。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

IMF、スイスフランを注視

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■スイスフランのキャリー解消を警戒

ロイター通信によりますと、国際通貨基金(IMF)は、スイスについての報告書を発表し、スイスフランの突然のキャリー取り引きの解消で、スイスフランが上昇し、スイスフラン建ての借入水準が高い国の経済に打撃を与える可能性がある、としています。

これは、融資通貨としてスイスフランが選好されている東欧諸国で、スイスフランの突然の上昇による債務の増大が懸念されているということのようです。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

フィンランド中銀総裁、リスク増加の可能性指摘

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■世界経済で、数値化できないリスク増加の可能性指摘

ロイター通信によりますと、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのリーカネン・フィンランド中銀総裁は、現時点で景気見通しは全般的に良好としたうえで、「不透明性や、容易に数値化できないリスクは増加している可能性がある。」と語りました。

また、「多くの市場や資産でみられるリスクプレミアムの縮小は、十分に持続可能な基盤にはないかもしれない。」と指摘しました。

これは、ブエノスアイレスでの内容ですが、こうした本国から遠く離れた場所でのコメントは、本音がより多く含まれていることも多いです。

確かに、世界経済は、景気がピーク圏で良好ですが、何かの拍子に急変する可能性はあります。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 4日 (月)

上海株式指数が急落

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■6月4日の上海総合株式指数が、10年来の急落

ロイター通信によりますと、6月4日の上海総合株式指数は、暫定値で8.24%安の3671.101で取り引きを終了し、ここ10年で最大の下落。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

円安の逆流起きず・・・

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■巻き戻しなく、進む円安

122円、164円、101円、90円、115円。

これは、きょう(6月4日)午前8時の、円相場の水準です。

順に、ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、カナダドルですが、さすがにここまできますと、円安のレベルを感じざるを得ません。

ヨーロッパ旅行では、ユーロ高のために、レストランなどの支払いが、とても高くついて大変ということですが、確かに1ユーロ=110円の頃と比べますと、5割も高いです。

さすがに旅行先で、5割も高く支払うということになりますと、割高感も半端ではないでしょう。

よく比較されます、マクドナルドのハンバーガーも、日本の方がかなり安いでしょう。

ただ、こうした物価の比較は、なかなか為替レートに反映されませんので、為替レートと物価との乖離は、しばらく続きそうです。

海外旅行に行くなら、ユーロ経済圏ではなく、ドル経済圏に行こう、という感じにはなるかもしれませんね。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 3日 (日)

NYのJFケネディ空港爆破計画で容疑者逮捕

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■大規模テロ計画で容疑者逮捕

ロイター通信によりますと、米当局は2日、ニューヨークのジョンFケネディ空港を爆破する計画に関わったとして、南米ガイアナの元国会議員を含む3人を逮捕、残る1人の行方を捜査中であることを明らかにしました。

容疑者の1人は、録音された会話の中で、同爆破による生存者はほとんどおらず、爆破の規模は「ケネディ(空港)全体」に及ぶと予想。

また、「(世界貿易センタービルの)ツインタワーさえ、足元に及ばない。」と語ったということです。(以上、ロイター)

ニューヨークを訪問された方は、ご存知と思いますが、ニューヨークは、複数の空港をもつ大都市で、非常に多くの航空機が、離発着しています。

JFケネディ空港は、その1つで、この空港全体を爆破するという今回の計画は、かなり大規模なものです。

ロイター通信は、容疑者らは、イスラム過激派とのつながりはあるものの、アルカイダとの関係はないと伝えています。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 2日 (土)

円安進む、対ドル122円に

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■円、大幅安

ドル/円は、122円を突破。

ドル/円は、FRBの利下げが実際に行われ、ある程度タイムラグがあってから、円高ドル安に転じるとみています。

それまでは、基調としての円安が続く可能性が高いですが、ドル高円安の最終局面ではあるため、上下の変動は大きく、短期的な円高が何度も起きています。

オーストラリアドルは、101円台に。

資源国通貨のオーストラリアドルの上昇が目立ちます。周辺国のニュージーランドドルも、90円台に上昇しています。

また、カナダドルも、115円台に。

商品価格(資源価格)の上昇が、これらの国の追い風となっています。

こうした円安は、日銀の利上げが継続して行われるか、米国景気の後退が鮮明になる時期に反転するとみられますが、いったん反転しますと、かなり大きな動きとなりそうです。

円安の進行は、最終段階に入っているとみられますので、短期的な円高を挟み上下の動きが大きい中、円安が加速する状況とみています。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年6月 1日 (金)

豪ドル、100円90銭前後に上昇

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■オーストラリアドル上昇

オーストラリアドルの対円相場は、午前8時現在、1豪ドル=100.90円前後。

円安が進む一方、資源国であるオーストラリアの通貨の強さが際立っています。

ロイター通信によりますと、対円では15年ぶりの高値ということです。

ニュージーランドドルも、89円台後半まで上昇。

米ドルの現在の対円での堅調は、ある程度予想していた通りなのですが、豪ドルやニュージーランドドルが、ここまで上昇するのは、予想以上のことです。

        ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ