« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

円安進む、121円後半

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■121円台後半

ドル/円の為替レートは、121円台後半に。円安が、ずるずる進んでいます。

ユーロ/ドルは、このところ落ち着いています。一時のユーロ上昇の勢いは、ないようです。

フランスのサルコジ大統領の誕生が、効いているのか?

ユーロ高の勢いは、一服しています。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月30日 (水)

フィデリティが、日本株トレーダーを香港に

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■米系フィデリティの真意は・・・

米系の投信運用会社、フィデリティが、東京の日本株トレーダーを、香港に移し、統合する方針を明らかにしています。ロイター通信が伝えています。

フィデリティは、市場全体の動きを機敏にとらえて、事前に体制・組織を再構築するのが得意ですので、今回の香港への統合の背景に、日本株の下落局面入り・日本株業務の縮小を予想しているのかどうか、興味深いところです。

フィデリティ広報は、単なる業務効率化の一環のようなニュアンスですが、このあたりは本音を話しませんので、真相はわかりませんが、何も意味はないということは、ないでしょう。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

サルコジ大統領、ユーロ高牽制

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■フランスのサルコジ大統領、ユーロ高を牽制

フランスのサルコジ大統領が、ユーロ高を牽制する発言をしています。

もともとサルコジ大統領は、ユーロシステムにも批判的であったのですが、大統領就任を機に、ユーロシステムの意義を認めるニュアンスに、発言を修正しています。

このため、本人の意識としましては、ユーロの弊害がフランス国内にでることは、許せないというのが本音でしょう。

サルコジ大統領と、イタリアのブロディ首相の会談でも、ユーロ高が話されたとロイター通信が伝えています。

フランスがどこまでユーロ高に忍耐を示すのか、とても興味深いところです。

ドイツは、完全にユーロの守護者となっていますので、ユーロ高にも、あまり口を挟んでいません。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月29日 (火)

豪ハワード首相も議席失う可能性

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■豪ハワード政権、歴史的大敗か

ロイター通信によりますと、豪紙フェアファックスに掲載されたACニールセンの世論調査で、連立与党の保守連合が大幅に議席を減らす見通しで、ハワード首相も議席を失う可能性があることが明らかに。

オーストラリアは、資源価格の上昇で、経済も好調ですが、国民の不満は高まっているようです。

オーストラリアでは、野党が政権に就いたことは2回しかないということで、オーストラリアの今後の状況が注目されます。

世界各国で、政治の変化を求める声が強まっているようです。

英のブレア氏・米のブッシュ氏、ともに政権を去る予定です。また、フランスでは、サルコジ氏が大統領に就任しています。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

アメリカとイラン、30年ぶりに直接協議

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■アメリカとイラン、30年ぶりに直接協議

ロイター通信によりますと、アメリカとイランが、大使級の直接協議を行いました。

アメリカとイランの直接協議は30年ぶりです。

以前から、アメリカは、イラクの後ろ盾として、イランに今後を託し、イラクからの撤退を進めるという観測がありましたが、状況は、こうした流れにあるようです。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

インド中銀がドル買い介入

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■インド中銀がドル買い介入(28日・ロイター)

ロイター通信によりますと、インド中銀がドル買い介入を実施した模様。

韓国でも、先日ドル買い介入が行われていますが、インドなど新興国では、現地通貨が対ドルで上昇しており、これに対応するものです。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月28日 (月)

松岡農水相が死亡

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■松岡農水相が死亡(各紙)

松岡農水相が死亡。安部政権には打撃とみられます。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

尾身財務相、利払い費増加覚悟

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■尾身財務相が都内で講演

ロイター通信によりますと、尾身財務相は、28日、都内で講演し、経済財政諮問会議における経済財政見通しには、金利上昇に伴う利払い費の増加や、少子高齢化対策費用などが含まれていない、と指摘しました。

尾身財務相は、金利は、「世界全体の動向から見ると、もっと高くなるということを覚悟しなければならない。」と述べています。(=以上、ロイターより)

金利の上昇で、国債管理政策が厳しくなることを、財務相が、自然と認めた発言といえそうです。

2010年から2015年にかけて、日本の財政状態は、日本国債のデフォルトも含め、顕在化してゆくと思われます。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月27日 (日)

IMM円売りポジション、大幅拡大

■あまりに過大な円売りポジション(IMM、15万枚超)

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■IMM円売りポジション、大幅拡大

IMMの円のネットショートポジションは、15万1746枚に到達。

さすがに、短期的な巻き戻しが懸念されるポジションの偏りです。

ドル/円は、FRBが利下げを実際に行い、ある程度時間が経過してから、基調としての円高に転じると思われますが、それまでの間も、短期的な円高には、しばしばさらされるとみられます。

このIMMのポジションは、いくらなんでも、ちょっと・・・という感じです。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月25日 (金)

ユーロ、対ドルで下落

■ユーロ、対ドルで下落

In_picture_007

■ユーロ/ドル、1.3430-1.3450に

イランでの緊張の高まりなどで上昇していたユーロですが、このところ、対ドルで急速に下落しています。6:50現在、1ユーロ=1.3430-1.3450ドルです。

対ドルでの金(ゴールド)価格も下落傾向で、中東での緊張緩和を示唆しているようです。

         ◇                   ◇

ヘッジファンド投資における為替の問題は、ドルとユーロを半々にすることで、影響を緩和することができます。

為替の予想は、米国の景気サイクルにおおむね従ったものとなりますが、短期的にセオリーと異なる変動をすることも多く、プロでもなかなか的中させるのは難しいものです。

そこで、保有資産をドルとユーロ半々にすれば、極端なリスクを回避できるというわけです。

ユーロに強気の方は、とことんドル暴落論に立たれますが、まだまだ金融の中心はNYであり、パリやフランクフルトではありません。

こうした点からみますと、極端なドル暴落論とは、少し距離を置きたいところです。

ユーロ対ドルでも、単純な一方向の動きがずっと続くとは考えにくいです。

.

.

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料    

ヘッジファンド購入方法の誤解を解消します。最近は、国家破産に対する懸念から、英国商社ファンドを実際に購入する方も増えていますが、まだまだ一般の方には正確な情報が伝わっていません。

日本国内で情報が少ない理由は?実際の購入プロセスはどう進んでいるのか?などの疑問点を網羅しています。メルマガ登録は無料です。

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい。

(東京法務局法人登記・日本FP協会会員・中小企業家同友会員)

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

※ブログ「海外ヘッジファンド投資入門」過去記事

2007.10.14 ファンド・オブ・ファンズでリスク分散

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・

.

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ『海外ファンド投資入門』(ヘッジファンド投資の基礎知識)         

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会員・中小企業家同友会員

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会会員・中小企業家同友会員

.

.

.

.

.

.

.

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

.

.

イランの核爆弾製造には3-8年必要

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■イランの核爆弾製造が可能な時期

ロイター通信によりますと、国際原子力機関のエルバラダイ事務局長は、24日、会見で「仮にイランが核兵器製造を望んでも、2010年まで、もしくは2010年代半ばまでは無理という見方を、米国国務副長官や、米中央情報局(CIA)新長官は示しており、我々の分析をもとに、私もこの見方に、どちらかと言えば同意する。言い換えるなら、今後3-8年かかるということだ。」と述べました。

注目されるイランですが、核兵器製造能力を持つまでには、まだ至っていないというのが、冷静な分析のようです。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

邦銀大手、買収に緊張感なし

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■緊張感ない邦銀大手

ロイター通信の記事でおもしろいアングル記事がありました。

「時価総額で欧米に遅れ取る邦銀大手、緊張感なく目立った対応策打たず(ロイタ-)」

みずほファイナンシャルグループの前田晃伸社長は、会見で、「メガバンクは買収の対象にならないと思う。」と述べた上で、その理由について、「ROE20-30%をターゲットにしている外国の金融機関が、日本の金融機関を買収するとROEが下がる。株主が許してくれないだろう。」(以上、ロイター記事より)

日本の金融機関の収益性は低すぎるので、買収の対象にならないだろうという、という話ですが、これは、いかにも邦銀らしい考え方だな、という感じがします。

また記事では、中国の銀行が最近時価総額を増加させたことから、日本の金融機関を買収する可能性に触れています。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月24日 (木)

IMFが日銀利上げを牽制

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■確実なCPIプラスまで、日銀は利上げ見送るべき(IMF)

IMF、国際通貨基金は、声明の中で、日銀は確実なCPIプラスまで、利上げを見送るべき、と指摘しました。(=ロイター通信)

これは、日本が依然としてデフレリスクを持っているという点からの指摘ですが、米国経済が後退局面に入る可能性がある中で、世界的な流動性を維持して欲しいという、アメリカの意向を反映しているともみえます。

福井総裁は、7月利上げに積極的のようですが、これを牽制する動きといえます。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

JAL正念場

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■JAL正念場

各紙が、日本航空が2000億円超の金融支援を主力行に要請、と報じています。JALにつきましては、以前も少し書きましたが、綱渡りの経営が続いているようです。

会計方針の解釈によりまして、かなり厳しい状況もあり得るのでしょう。

信用リスクが拡大しますと、一気に情勢が動く可能性があります。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

グリーンスパン前議長、中国株「劇的な収縮」懸念

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■グリーンスパン前FRB議長

ロイター通信によりますと、グリーンスパン前議長は、中国株式市場について、「劇的な収縮」が懸念されると指摘。昨今の中国株ブームは、「明らかに持続不可能で、ある時点で劇的な収縮があるだろう。」と述べました。

また、原油の問題については、地政学的リスクの継続で、今後数年のうちに世界のエネルギー市場で困難が生じる、と指摘しました。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

米中が新航空サービスで合意

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■米中が新航空サービスで合意(=ロイター)

米中が、2国間の旅客便数を2012年までに2倍以上に増やすことと、2011年までに貨物輸送に関する障壁を、ほぼ完全に撤廃することで合意。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

NYのイエローキャブ、2012年までにハイブリッドに

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■NYのタクシー、イエローキャブがハイブリッドカーに

NYのブルームバーグ市長は、2012年までに、市内を走るイエローキャブを、ハイブリッドカーにする計画を明らかにしました。(=ロイター)

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月23日 (水)

マレーシア、公務員賃上げ

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■マレーシア、公務員賃上げ

マレーシアのノル・モハメド第2財務相は、22日、今週承認された公務員の賃上げ(7.5-7.35%)について、2007年と2008年の経済成長率を0.5%押し上げるという見解を示しました。(=ロイター)

まだ、賃上げ初期段階ですが、賃金の上昇が、経済を過熱させ、クラッシュを引き起こすというのが、いつものパターンです。

以前のアジア通貨危機も、日本企業のアジア進出で現地での賃金の上昇が急激に起きた後でした。

とはいえ、臨界点に至るには、時間がかかりますので、クラッシュ発生のタイミングをはかるのは、なかなか難しいところです。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

ドルペッグ放棄のクウェート中銀

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■クウェート中央銀行総裁

クウェート中央銀行のサバハ総裁は22日、通貨ディナールを、輸入に用いる通貨や、投資相手国の通貨で構成されるバスケットに連動させている、と述べました。構成通貨を明らかにすることは避けています。(=ロイター)

ドルペッグ制を放棄した後も、ドルが中心であろうことは間違いありませんが、ドルの価値が低下する中で、ドルペッグ制を維持するのが難しい面を示しています。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月22日 (火)

香港の著名投資家、中国バブルを警告

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■香港の著名投資家が中国バブルを警告(=ロイター)

香港の著名投資家で、ヘンダーソン・ランド・デベロップメント会長の李兆基氏は21日、中国株バブルの可能性を警告。「PEは約60倍で非合理だ。バブルが形成された可能性がる。」と述べました。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

2007年5月21日 (月)

クウェートがドルペッグ制放棄

■ドルの下落傾向

クウェートは、ドルペッグ制を放棄。対円では上昇しているドルですが、ほとんどの通貨に対しては、ドルは弱含んでいます。

サウジアラビアなどは、ドルペッグを維持するとしています。(=ロイター)

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料    

ヘッジファンド購入方法の誤解を解消します。最近は、国家破産に対する懸念から、英国商社ファンドを実際に購入する方も増えていますが、まだまだ一般の方には正確な情報が伝わっていません。

日本国内で情報が少ない理由は?実際の購入プロセスはどう進んでいるのか?などの疑問点を網羅しています。メルマガ登録は無料です。

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

(東京法務局法人登記・日本FP協会会員中小企業家同友会員)

In_picture_040_11

東京・世田谷区 二子玉川

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

※ブログ「海外ヘッジファンド投資入門」過去記事

2007.10.14 ファンド・オブ・ファンズでリスク分散

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・

.

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ『海外ファンド投資入門』(ヘッジファンド投資の基礎知識)         

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会員・中小企業家同友会員

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会会員・中小企業家同友会員

.

.

.

.

.

.

.

.

.

■まぐまぐメルマガ、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入情報の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入情報の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

続きを読む "クウェートがドルペッグ制放棄" »

2007年5月19日 (土)

中国の外貨準備30億ドル、ブラックストーンに委託

■米・プライベートエクイティ、ブラックストーン

中国政府は、外貨準備のうち、30億ドルを米・プライベートエクイティ、ブラックストーングループに委託し、海外投資を開始した、とチャイナ・ビジネス・ニュースが報じています。(=ロイター)

中国人民銀行系の投資会社を通じて委託すると報じられています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

サルコジ大統領、閣僚半減

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

■フランス新大統領

サルコジ大統領は、閣僚数を従来の半数の15人に。

また、このうち女性は7人。(=ロイター)

サルコジ氏は、新生フランスの演出をはかってゆくのでしょう。

サルコジ氏は、もともとは、ユーロシステムには批判的です。

しかし、大統領候補となったあたりから、トーンダウンして、現実的なスタンスを示しています。

このあたりが、今後どうなるのか、独仏協調は続くのか、注目されます。

         ◇                   ◇

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会AFP・東京中小企業家同友会員

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

中国人民銀行が人民元の変動幅拡大

■人民元の対ドル変動幅0.5%に

中国人民銀行は、人民元の対ドル変動幅を0.5%に拡大すると発表。

従来は0.3%。

また、1年物の預金基準金利を0.27%引き上げ、3.06%に。(=ロイター)

為替市場では、一時円高が進み、120円台となったものの、その後、121円台に戻しています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月18日 (金)

ドル/円、121円台

■ドル/円、121円台

FRBの金融政策に遅行する傾向があるドル/円の為替レートは、121円台に。

ドル/円につきましては、上昇の最終局面とみています。

短期的な円高という上下に変動が激しい動きがある中、FRBの利下げが現実化するまで円安傾向が続くとみています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

世銀ウルフォウィッツ総裁、辞任へ

■交際女性厚遇問題

世銀総裁の交際中の女性職員厚遇問題で、世銀は6月30日付けでウルフォウィッツ総裁が辞任すると発表。(=ロイター)

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月17日 (木)

日銀、金利0.5%据え置き

■金融政策決定会合

日銀は、政策金利を現行の0.5%に据え置くことを決定。(=ロイター)

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

韓国当局、ドル買い介入の模様

■ウオン高を抑制

ロイター通信によりますと、韓国の為替当局がドル買い介入を実施した模様。

韓国では、ウオン高基調が続いています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月16日 (水)

IMF専務理事、米経済成長は下半期に加速

■IMFのラト専務理事

IMFのラト専務理事は、15日、堅調な企業投資により、米経済成長が今年下半期に加速するという見通しを示しました。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

ダウ上昇、ナスダック下落

■ダウ上昇、ナスダック下落

NYダウは、13383.84ドル(+37.06ドル)。

一方、ナスダックは、-21.15ポイントの2525.29ポイント。

米国株も、大型株と小型株の乖離が始まったのでしょうか。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月15日 (火)

パキスタン緊迫

■最高裁長官の罷免

パキスタンのムシャラフ大統領が、チョードリー最高裁長官を罷免したことをめぐり、カラチで対立激化。40人死亡。(=ロイター)

パキスタンの状況は、隣国インドへの投資環境にも影響しますので、パキスタンに何らかの問題が起きないか、注意が必要です。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

英住宅価格、+10.9%

■英住宅価格

3月時点の英国住宅価格は、前年比+10.9%。

ロンドンは、+13.9%。

英国の住宅バブル懸念は、かなり強いです。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

ダイムラークライスラーが米クライスラー売却

■投資会社、サーベラスに売却

ダイムラークライスラーが、米クライスラー部門をサーベラス・キャピタル・マネジメントに売却すると発表。(=ロイター)

ドイツ企業の米国離れが進んでいるという観測がありますが、こうした中、藤井財務次官が14日午後の記者会見で、5月18、19日にドイツのポツダムで開催されるG8財務相会合で、ヘッジファンドの透明性向上に関し、G8参加国間で見解に差異はない、と述べました。(=ロイター)

米独の対立観測を、日本が打ち消そうとしているわけですが、むしろ日本がこう言うことで、逆効果で、問題の存在を示したことになります。

ご承知のように、ポールソン財務長官は、G8を欠席します。

アメリカとドイツの水面下での軋轢は、かなり強いようです。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月14日 (月)

アメリカとイランが直接協議

■イラク治安対策

アメリカとイランが、イラクの治安対策をめぐり、直接協議を行う見通し。(時事・ロイター)

アメリカとイランについては、対立の裏側で、イラク対策をイランに託するという動きも伝えられていましたが、そういう流れのようです。

バグダッドで数週間以内に協議が行われる見通しとされ、アメリカは、徐々にイラクから撤退しようという方向なのでしょう。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月12日 (土)

NYダウ、大幅上昇、グリーンスパン発言も支援

■ダウ111ドル高

NYダウは、一転して大幅上昇し、111.09ドル高の13326.22ドル。

グリーンスパン前議長が、11日、「2:1の確率で米国はリセッション(景気後退)には陥らない。」と述べています。(=ブルームバーグ)

いずれ後退局面には入ると思いますが、まだ米国景気の状況は、十分良い(良い状況が残存している)と個人的にはみています。

日経平均は、昨日、約183円安の約17553円となっていますが、こちらは、米国株ほどには期待は持てない状況とみています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

ポールソン財務長官がG8欠席へ

■アメリカとドイツの「対立」

ロイター通信によりますと、米財務省は、11日、ポールソン財務長官が、5月18日ー19日にドイツのポツダムで開かれるG8財務相会合に欠席すると発表。

代わりに副長官が出席するということです。

これは、明らかに、ドイツの財務相が前回欠席したことに対する「対抗措置」と考えていいと思います。米独の水面下での対立は、かなり高レベルといえそうです。

ドイツが、日本のようには対米追従しないのは、自然体ではありますが、今後も様々な問題をめぐって米独間で応酬がみられそうです。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月11日 (金)

ダウ147ドル下落

■NYダウ13215.13ドル

まだ水準自体は高いですが、ダウが大幅安。

ダウジョーンズ株のインサイダー取引疑惑の発展を嫌気しているようです。

また、日銀総裁発言や、米国債30年物の応札倍率低下にも反応しているようです。

貿易赤字拡大は、米景気が強いことを示しますので、あまり気にする必要はないと思います。小売り見通しの低下も、住宅価格の調整状況では当然の結果です。

当面は、ダウジョーンズ疑惑がどうなるかに関心が集まりそうです。

個人的には、米景気の基調には、まだ大きな変化はないと思っていますが、ダウジョーンズ疑惑の発展には、注意が必要と思っています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

米30年債入札に変調

■外国中銀などの応札低下の模様

ロイター通信によりますと、アメリカ国債30年物の応札倍率は1.97倍となり、2月の2.46倍を下回りました。

また、外国中銀を含む間接入札者の落札比率は、約10%で、2月の42%から大幅に低下。

この結果は、明らかに、外国中銀などが、ドル建てのアメリカ国債(30年物)の保有に慎重になっていることを示しています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

日銀福井総裁、利上げに意欲

■10日の都内講演

ロイター通信によりますと、日銀の福井総裁の発言は以下の内容を含んでいます。

「金利は経済・物価との関係でみて、かなりの低水準で推移している。」

「実質実効レートでみて、かなり円安になってる。」

「大都市部を中心に地価の上昇地点が拡がってきているなど、資産価格が上昇していることも民間需要を増加させる方向に作用している。」

「金融政策面からの刺激効果が一段と強まるリスクに注意する必要がある。」

「日銀が金利水準を据え置くと、経済の実態に比べて低すぎる方向に行ってしまい、経済を変に刺激することになる。」

「我々が金利調整をさぼれば、起こる可能性は高くないが、起これば大変だというリスクが高まる。」

従来より、かなり進んだニュアンスになっています。

アメリカからは、日本の低金利を擁護するような米財務省発言があり、また、アメリカで講演した竹中氏が日銀の利上げを批判する発言を行うなど、アメリカは日本の低金利を望んでいるようです。

こうした中で、福井総裁が利上げに前向きな発言を行い、市場もすぐ反応しています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ダウジョーンズ株問題、スキャンダル発展の可能性

■ダウジョーンズ株のインサイダー疑惑

米・ダウジョーンズに対する米・ニューズコーポレーションの買収提案をめぐるインサイダー取引疑惑は、大きなスキャンダルに発展する可能性もでています。

ニューヨークタイムズ(=ロイター)によりますと、ダウの取締役を務める香港の銀行幹部、David Li氏が聴取を受ける見通し。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月10日 (木)

ドイチェ・アセット・マネジメントがアグリ投信

■アグリビジネスファンド(投信)設定予定

世界的な人口増加や、新興国の経済成長を背景に、アグリビジネスに期待。

土地・農地・種子・肥料・農業化学・水・農業機械・食品加工・マーケティング・販売・食品食肉の物流・天候アドバイザリー・サービスなどが対象。(=ロイター)

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

米国は円安容認か

■下院公聴会

米財務省のソーベル副次官補は、9日、円安は日本経済の長期デフレによるもので、操作されていない、という認識を示しました。(=ロイター)

「(日本経済は)過去数年間、回復の途上にあるが、活発ではなく、勢いづいているとはいえない。」

「日本にとって国際経済や米企業・労働者になし得る、最も重要な貢献の1つは、持続的かつ堅調な国内需要の伸びを取り戻すことであり、デフレから完全に脱却すること。」

米国にとりましては、ユーロ高ドル安とともに、円高ドル安となりますと、ドル全面安の懸念がありますので、円安の方が良いのかもしれません。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

FOMCは5.25%据え置き

■FOMCは大きな変更なし

アメリカのFOMCは、政策金利5.25%据え置きで、大きな変更はありませんでした。

市場では、ややインフレリスク懸念を強めたようですが、あまり材料視されていません。

今後についての私個人の見方としましては、以前と同様、米景気再浮揚でインフレ傾向となり、追加利上げへという予想を持っています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 9日 (水)

米国9日、FOMC

■変更ない展開か

アメリカのFOMCが、現地9日に開かれる予定です。

今回、大きな政策の変更はないと思われます。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料  

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                           

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

UBSがスイス金利予想引き上げ

■2008年半ば、3.25%

スイスの銀行、UBSは、今後のスイスの政策金利について、従来の予想を引き上げ、2008年半ばに3.25%としました。(=ロイター)

ヨーロッパ各国と同様、スイスでも景況感が良く、インフレ懸念が今後強まると言う予想です。

スイスは、少し前まで、日本と同様に非常に低い金利水準にありましたが、最近は中央銀行が金利を引き上げ始めています。

円とならぶキャリー通貨として使われてきたスイスフランですが、来年にかけては、金利の上昇による巻き戻しで、スイスフランが買われる局面も出てきそうです。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料  

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                           

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 8日 (火)

NYダウ上昇

■NYダウ上昇

NYダウは、13312.97ドル。

ニューヨーク株式への資金流入が続いています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 7日 (月)

フランス新大統領にサルコジ氏

■フランス大統領選挙

サルコジ氏が、ロワイヤル氏を抑え、フランスの新大統領に。

サルコジ氏は、ユーロシステムに否定的な発言もしていましたが、最近は、やや穏健な発言となっています。

サルコジ氏は、結局のところ、おおむね現政権の政策を踏襲するのではないかとみられています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 6日 (日)

尾身財務相、デフレ回帰心配せず

■日本のデフレは?

尾身財務相は、日本のデフレ回帰について、「全く心配していない。」と述べました。

あるドイツのブンデスバンク関係者は、尾身財務相と同じ見方でした。

あるNYの運用担当者は、日本の真性デフレは、まだ治っていないという見方です。

私も、まだデフレは治っていないものの、世界的な景気サイクルの上昇局面の中で、日本のデフレは治ったようにみえているという考えです。

米国の景気がピークアウトする来年あたり、日本は、どのような経済状況となっているのか、興味深いところです。

■まぐまぐメルマガ、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入情報の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 5日 (土)

ペトロチャイナが急伸

■新油田発見

香港株式市場で、ペトロチャイナが14%高。(=ロイター)

渤海で確認埋蔵量30億バレルの油田を発見とのことです。

この新油田の規模は、今世紀に入って最大規模のようです。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 4日 (金)

ECB、6月以降金利据え置き可能性

■マーケット・ニュース・インターナショナル報じる(=ロイター)

3日、中銀関係者の話として、欧州中央銀行(ECB)が、ユーロ高を理由に6月以降、金利を据え置く可能性があると報じました。

関係者は、ユーロが1.30-1.33ドルのレンジに収まれば、とりわけ原油高に伴うインフレ圧力の抑制につながるが、ユーロが1.40ドル近辺に上昇すれば、警戒すべきで、ユーロ圏の成長を阻害する恐れがある、と指摘。

また別の当局者は、ECBにとって1.45ドルは痛みの限界、と指摘したという。

ECBの6月利上げは、確実視されていますが、その後について、どのような判断を示すのか、注目されています。

5月4日9:25現在、ユーロ/ドルの為替レートは、1ユーロ=1.3550ドル。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

フランス大統領候補TV討論

■決定打なく、互角という評価だが・・・

フランス大統領候補のサルコジ氏とロワイヤル候補のTV討論は、双方とも決定打は、なかったという評価ですが、ロワイヤル氏については、これまで日本ではよくみる機会がなかっただけに、強力なパワーをもつ候補だと再認識しました。

世論調査などでは、サルコジ氏がリードし続けていますが、グローバル化の進展とともに、日本と同様に、格差が問題となっているフランスで、国民がどのような判断を下すのか、注目されます。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

トルコ総選挙は7月22日実施公算

■イスラム系のトルコ大統領候補問題

政教分離をとってきたトルコでは、イスラム系大統領候補をめぐり、混乱が生じていますが、国民の民意を問う総選挙を、7月22日に4ヶ月前倒し実施することで調整が進んでいます。(ロイターなど)

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

ダウ上昇、13241.38ドル

■NYダウ上昇

ダウは13241.38ドルに。

NY株式市場への資金流入が続いています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 3日 (木)

福岡銀行が親和銀行も実質傘下に

■熊本ファミリー銀行に続き、九州・親和HDも

福岡銀行の持ち株会社(=事実上は福岡銀行)が九州・親和HDも実質傘下に。

不良債権を大量に抱える地銀を、福岡銀行は次々と実質傘下に入れていますが、これらの銀行には、関わらない方が無難なのは事実です。

福岡銀行も、堅実な銀行の看板をはずしてしまったということでしょうか。あるいは、これらの銀行を、すべて処理する自信がよほどあるのでしょうか。最近の福岡銀行の動きは、以前の佃頭取時代とはかなり異なり、規模の拡大に舵を切っている印象です。

In_picture_028

.

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料    

ヘッジファンド購入方法の誤解を解消します。最近は、国家破産に対する懸念から、英国商社ファンドを実際に購入する方も増えていますが、まだまだ一般の方には正確な情報が伝わっていません。

日本国内で情報が少ない理由は?実際の購入プロセスはどう進んでいるのか?などの疑問点を網羅しています。メルマガ登録は無料です。

In_picture_011

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』                

ヘッジファンド投資に海外口座は不要なのですが、こうした点も誤解が生じています。ブログ形式で、海外投資の現状や、世界経済の状況について、元経済記者の経験を生かしてお伝えいたします。

過去ブログ記事の例

ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

ヘッジファンド購入と送金

海外口座の必要性は・・・

.

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

世田谷区の二子玉川(東急田園都市線、渋谷から約10分)のFP会社です。「にこたま」は、二子玉川の愛称です。

元金融担当記者のFPで、NY情報をもとにした世界経済の分析などが可能です。

お気軽にご相談下さい

(東京法務局法人登記・日本FP協会会員中小企業家同友会員)

In_picture_040_11

東京・世田谷区 二子玉川

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

※ブログ「海外ヘッジファンド投資入門」過去記事

2007.10.14 ファンド・オブ・ファンズでリスク分散

2007.06.27 債券型ヘッジファンドの意外なリスク

2007.06.03 ヘッジファンド投資、購入と為替レート

2007.05.18 英国商社ファンドの特徴

2007.05.13 ヘッジファンドの購入方法が知られない理由

2007.05.12 ヘッジファンド申込手数料のパターンは・・・

2007.05.05 世界経済の現状とヘッジファンド投資

2007.04.08 ヘッジファンド購入と送金

2007.03.24 ヘッジファンド購入時の住所証明書類

2007.03.10 海外口座の必要性は・・・

.

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

☆ブログ『海外ファンド投資入門』(ヘッジファンド投資の基礎知識)         

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会員・中小企業家同友会員

.

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

.

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』登録無料   (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』               (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ          (東京・二子玉川、海外ヘッジファンド購入情報の無料サポート)

東京法務局法人登記・日本FP協会会員・中小企業家同友会員

.

.

.

.

.

.

.

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

.

.

              

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

日航、162億円の赤字に業績修正

■繰り延べ税金資産

経営が厳しい状態が続いている日本航空は、今年3月期決算の最終損益について、30億円の黒字から162億円の赤字に修正。

繰り延べ税金資産の計上が過大であるという会計監査法人の指摘を受けたもの。

大和銀行が破綻した際の状況をご存知な方は、ピンとくると思いますが、繰り延べ税金資産は、業績が赤字基調になったとたんに、メリットが一挙に失われますので、JALは、さらに厳しい状況に陥ることが予想されます。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

2007年5月 2日 (水)

NYダウは13136.14ドル

■13000ドル超の水準

NYダウは堅調。新興国から、NY市場へという流れが感じられます。

終値は13136.14ドル。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

トルコ混乱

■イスラム系の大統領候補

イスラム系の大統領候補の大統領就任をめぐり、混乱が続いているトルコで、首相が早期の総選挙を呼びかけ。(ロイター)

トルコでは、今回の政治的混乱で、株式市場が2日間で5%下落、トルコリラも下落しています。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料 

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                            

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

続きを読む "トルコ混乱" »

2007年5月 1日 (火)

グローバルな株式市場の見通し

■景気上昇の最終局面

現時点での、世界の株式市場につきましては、景気上昇の最終局面という認識から、新興国の株式市場は、調整局面に入りやすいとみています。

中国やインド、ベトナムなどです。

ただ、これは今後1年程度のうちに、という感じですので、またピークをつけにいく可能性は否定できません。(あまりないとは思いますが・・・。)

新興市場の調整で、資金が向かう米国株は上昇するとみています。

(この点は、米国株も調整するという見方もあるのを付け加えておきます。)

今後1年か2年後には、景気後退局面が予想されますので、その時点で、世界の株式市場すべてが、下がる状況と予想しています。

日本株は、現状、今後ともに期待はしていません。

個別企業で、よいものはあると思いますが、全体としましては、期待していません。

■まぐまぐメルマガ2誌、よろしくお願いします。

☆まぐまぐ「海外ヘッジファンド投資入門」毎週土曜日。登録無料。

欧米系ヘッジファンド投資の実際について、世間の誤解を解消します。海外口座は必要なく、シンプルに投資が実践できます。英国商社ファンドなどが有名です。

.

☆まぐまぐ「国家破産対策の必要度」毎週土曜日、登録無料。

元経済記者の経験をいかし、冷静に現状を分析します。不可逆的な日本国債残高の膨張は、もう止められません。資産対策の有無が、今後を左右します。

.

■本場・欧米系ヘッジファンド購入の無料サポートは・・・

東京・二子玉川のFP会社(元経済記者のFP会社)ご相談無料

☆まぐまぐメルマガ『海外ヘッジファンド投資入門』毎週土曜日   http://www.mag2.com/m/0000218003.html              (ヘッジファンド購入方法の誤解を解消)

☆FC2ブログ『海外ヘッジファンド投資入門』        http://nikotama0001.blog88.fc2.com/                  (ヘッジファンド投資に海外口座は不要です。)

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ      (東京・二子玉川)http://homepage.mac.com/nikotama0001/               (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

☆まぐまぐメルマガ「海外ヘッジファンド投資入門」バックナンバー

『誤解の多いヘッジファンド投資(海外口座は不要)』2006.11.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/107981272.html?page=2&c=mon

『資産対策の意味』 2006.12.09.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108016160.html?page=2&c=mon

『FRBとヘッジファンドの選択』 2006.12.16.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108040903.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンド選択の誤解』 2006.12.23.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108065881.html?page=2&c=mon

『なぜヘッジファンドか?』 2006.12.30.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108088728.html?page=2&c=mon

『ヘッジファンドの最低投資額』 2007.1.06.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108106050.html?c=mon

『手堅いファンドは・・・』 2007.1.13.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108129801.html?c=mon

『ヘッジファンド購入法の誤解』 2007.1.20.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108155991.html?c=mon

『コンピューター自動売買システムとは・・・』 2007.1.27.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108179125.html?c=mon

『海外投資と為替レート』 2007.2.03.http://blog.mag2.com/m/log/0000218003/108205748.html?c=mon

元経済記者のFP会社 にこたま投資コンシェルジュ    (東京・二子玉川)                          http://homepage.mac.com/nikotama0001/              (海外ヘッジファンド購入の無料サポート)

(以下の広告は弊社とは無関係です。「高利回り」「節税」などの表現に御注意下さい。)

                             

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

(典型的な「高利回り」「節税」という広告には、ご注意下さい。)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ